●手相を書いて開運したいなら その4

 さて、前回までで、
手相を書く前にする2つのことと、
手相を書く時のポイントについて
お話してきました。

(これまでの流れを読んでらっしゃらない方は
コチラからどうぞ。
手相を書いて開運したいなら その1

で、今回はこういった流れで
手相を書いた後にやることについての
お話しです。

それは、
当り前のことと言えば
当たり前のことなのですが、
手相を書いた後にやることとは、

「自分がこうなりたいとイメージしたビジョンに
近づくための行動をちゃんとやり続ける。」

ということです。

もちろん、
行動した結果が
うまくいかなかったら、
その都度やり方を工夫しつつです。

これを手に書いた線を
見るたびに、

「あ、
ちゃんとしなきゃ!」

と思いだしてもらって、
結果が出るまで行動し続ける。

というのが、僕が考える
手相を書いて開運していく方法です。

ここまで
「手相を書いて開運したいなら」
というテーマでお話をしてはいますけど、

手相を書くだけで、
なんにもしなくても
ラッキーになるよ!

ということはやっぱりないのですよね。

ちゃんと
自分のなりたい姿に向かって、
行動をし続けるからこそ
ラッキーな出来事を引き寄せていけるのです。

手相を書くことは、
そのきっかけの一つに過ぎません。

「私は手相を書いて開運したよ!」

という人は、
結局のところ、

今回僕がお話したようなことを
意識してか、
無意識でかは分かりませんが、
やっているのだと思います。

手相は確かに人の
気質や魅力、
自分に合った人生の過ごし方や、
ラッキーな出来事を
引き寄せるためのヒント、
恋愛のサイン、
これから先の未来の方向性、

といったような色々なことを
教えてくれる、
不思議で面白いツールでは
あるのですが、

「手相を書くだけで
何もせずとも
ラッキーになれるよ♪」

…なーんてことが
出来る魔法のツールでは
ないんです。

結局、
開運していくには
自分で何かしらの
行動をしていく必要が
あるのですよね。

 

と、
いうことで、
これまで数回にわたって

「手相は書くだけでは
開運効果は
ないと思いますよ?

書くなら書くで、
ちゃんと手順を踏んで
効果が出るように
書いていきましょう。」

というお話をしてきました。

 

今回のお話を
聞いて頂いて、

「で、
私はどんな線を書けば
よさそうなの!?」

といったことを思われた方は、

またイベントや個人セッションで
僕と会った時にでも聞いて下さいね。

==============

●無料手相鑑定イベントなどの

イベント情報やセミナーの先行案内を

お知らせするメルマガ登録はこちらへどうぞ

http://www.reservestock.jp/subscribe/22961

 
「あなたらしい幸せ」を手にするための

個人鑑定はこちらへどうぞ

http://www.reservestock.jp/page/reserve_form_week/5344

 
「手相を学んでみたい!」
という方への手相講座のご案内はこちらへどうぞ

http://www.reservestock.jp/page/event_calendar/5344