察してよ!コミュニケーションにご用心

日本という文化のせいなのか、
教育のせいなのか。

 

私たちは、

「いちいち言わなくても

私のして欲しいことを
察して動いてよね!」

 

という、

「察してよ!コミュニケーション」

をうっかりやってしまいがちです。

「何かしてほしいことが
本当はあるのに、

それを相手が
察して動いてくれるのを
言わずに
待っているだけ。」

 

というやつです。

でもね。

 

これって

やっている方も、

やられている方も、

 

疲れていく
コミュニケーションの
スタイルなんですよ。

 

この
察してよ!コミュニケーションを

やっている方は、

いつまでも相手が
動いてくれないので

イライラしますし、

 

 

やられている方は、

自分が何も知らないところで

勝手にイライラされて、

あとで文句言われるという、

 

残念な結果を
生みやすく、

長く関係を
続けていきたい人に
しちゃうには、

リスキーな
コミュニケーションの
スタイルです。

 

 

そりゃーね。

何も言わなくても

自分の思いを察してくれて、

自分がして欲しいことを

やってくれたら

 

もちろん嬉しいですよ。

「何か飲み物がほしいなぁ」

と思っていたら、

誰かが

スっ…と

飲みたかった
飲み物を運んできてくれて、

「これ、良かったらどうぞ。(ニッコリ)」

とかやってもらったら、
やっぱり気持ちいいですもの。

 

 

でもさ。

 

私たちって、

エスパーじゃないんだから。

 

思っていることは

ちゃんと言わないと

伝わりませんて。

 

 

相手にやってほしいことが
あるなら、

 

ちゃんと言葉にして、

「○○してもらっていいかな?」

 

と、

お願いしてみましょう。

 

 

そうすると、

 

「あなた!
私が何も言わなくても、
空気読んで○○しなさいよ!」

 

と、

 

相手に向かって
無言で
怪しい念を送り続けた
あげく、

 

「なんでわかってくれないの!!」

 

と、勝手に
イライラしだして

不穏なオーラを漂わす…。

なーんて、
不健全な状態に
ならなくて済みます。

 

 

しかも、

言葉にして
ちゃんとお願いしてみたら、

 案外、

「あ、そうか。

んじゃやるわー」

 

と、
すんなり相手が
動いてくれるかもしれませんし。

 

 

え?

そこで拒否されたら
イヤだと思うから言えない?

 

 

もしもそこで
相手に拒否されるようなら、

もうそこからは
自分の思っていることを
やってもらえるように

話し合いスタートです!

 

 

話し合いとなったら、

ちょっとめんどくさいかも
しれませんが、

どうしても
やってほしいことが

あるのならば、

その点については
きちんと
話し合っていくしかないでしょう。

 

まあ、

なんにせよ、

「察してよ!コミュニケーション」は

いい結果を生まないことが多いです。

 

 

普段、

うっかりやっちゃっていないかを
チェックしつつ、

もしも
やっちゃっているなら、

 

気づいた時には

「自分のやってほしいことを

ちゃんと言葉にして伝える。」

 

ということを

やっていきましょう。

 

そのほうが、

きっとお互い気持ちよく
過ごしていけますよ。

 

 

ぜひお試しあれ^^

 

 

手相王子
加藤景太

 

==============

●無料手相鑑定イベントなどの

イベント情報やセミナーの先行案内を

お知らせするメルマガ登録はこちらへどうぞ

http://www.reservestock.jp/subscribe/22961

●「手相鑑定を受けてみたい!」

という方への個人鑑定はこちらへどうぞ

http://www.reservestock.jp/page/reserve_form_week/5344

●「手相を学んでみたい!」
という方への手相講座のご案内はこちらへどうぞ

http://www.reservestock.jp/page/event_calendar/5344

 

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です