おいしい手相とは

こんにちは。 
手相王子の加藤景太です。

今や手相王子という、
素敵なニックネームをつけていただいたので、
そちらをメインとして活動敷いておりますが、

もともとは

「おいしい手相屋」

として手相屋としての活動を始めました。

そこで、
この「おいしい手相」とは何なのかということを
お話させていただきますね。

おいしい手相とは、
目の前の人の良いところに
焦点を当てて
手相を読み解いていくという、

人の可能性を開き、
勇気づけることを目的とした手相の
見方です。

この手相の見方をすることで、
お話を聞いてもらった人

「今日はいい話が聞けたな。」

と思えること、

つまり「“おいしい話”を聞けたな。」

と思えるようなことをお伝えしていくため、
おいしい手相と名付けました

で、
この‟おいしい”というのが、
案外深いことでして。

人によって味覚が違うように、
その人その人によって、

「おいしい話」が何かというのは
変わってきます。

そして、
おいしいものとは、
味が均一のものではなく、
そこにはいろんな味が
ミックスされていることが多いです。

僕のおいしい手相は、
相手の方の可能性を開き、
勇気づけることを目的としていますので、

お話しの中では
その人の良いところに焦点をあてる
プラスの言葉がけがほぼ全てになるのですが、

その中にも、
ピリっとしたスパイスとなるような
メッセージも織り交ぜてお話ししております。

それはお寿司を食べる時のワサビのようです。
ワサビがなくてもおいしいけど、
ワサビがあった方が寿司がしまるという感じ。

それと同じように、
お話しの中にも、
ピリっとしたメッセージがある方が
話がしまるのですよね。
(ワサビ抜きが良い人はワサビ抜きにしますけど)

そして、このピリっとしたメッセージというのは、

「この先あなたコケますよ!」

「なんか知らんけど病気しますよ!」

といった謎の不幸系のメッセージを
使って脅すような話をするのではなく、

「現実問題として、
こういうことがありますけど、
その対策はどうしていきましょうね。」

といった感じの、
「現実対応どうします?」
というメッセージです。

この現実問題に対するメッセージが
人によっては
あまり向き合いたくないことになるでしょうから、
その点はちょっとスパイスの効いたような
メッセージとなる気がします。

ただ、
たくさんのプラスの言葉がけの中に
こういったスパイスを効かせるからこそ、

今、お客様が気になっていることに対して
現実的に対応していくことが出来ますし、

現実が良くなるための建設的なお話が
出来るからこそ、
セッションでのお話を
‟おいしい話”に変えていけるのだと
思っています。

 

☆お得なイベントの先行情報を始め、
手相に関することを中心とする
様々なお役立ち情報をコチラでお伝えしています。

どうぞお気軽にご登録ください^^

【メルマガ】手相王子のメール手相レッスン

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です