僕がタロットを嫌だと思わなくなった理由とは

●未来がどうなる!?を占わないから。

 

僕がタロットを
嫌だと思わなくなった理由。

 

それは、

 

「未来がどうなる!?」

 

ということを
占わなくなったからです。
(必要に応じてやる時は
ありますけど、
基本はしない。)

 

確かに、
これから未来がどうなるかが
カードに出るとして、

 

「あ、残念。
これからあんた失敗しますわ。」

 

的なカードが出たら
そりゃ確かに、

 

「えええー!!!

いやだーー!!!
(ガッカリー!!)」

 

となっちゃうでしょう。

 

タロットを引くと、

これからウキウキと
やろうとしていることが、

「ダメ!!望みなし!!」

なんて言われる可能性があるとしたら、

それは確かに
タロットをイヤだなと思うだろうし、
ぶっちゃけ僕もそう思っていました。

 

でも、
ある時から

タロットで

 

「これからの未来はこうなる!」

 

ということを
予言しようとするのではなく、

 

「その人に
今、必要なメッセージを
届けてくれるもの」

 

という解釈で
カードを引き始めた時、

嫌なカードというものが
なくなったのです。

 

例えば、
嫌なカードの代表格として
知られている、

「死」のカード。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「この仕事、上手く行きますか?」

って聞いて、

こいつがでたとしたら、

なんか絵柄のイメージだけでも
これから仕事が
ダメになりそうな予感が
しちゃいますね(笑)

 

しかし。

それは、

「未来どうなるか?」

ということを聞こうとして
カードを引くから
死のカードという答えが
最悪に感じるだけであって、

 

「今、必要なことは何か?」

 

という観点で
カードを引くと、

たとえ
死のカードが
出たとしても、
それはカードが

 

「その仕事がうまいこと
いくかどうかは
分からんが、

結果的に物事を
うまいこといかせたいなら、

今は無理なもんは無理とあきらめ、
変化を受け入れていくことが大事だぞ。」

 

というメッセージを
教えてくれている

ということになるのです。

 

で、
そのメッセージを
ヒントにして、

 

「あー、そっかー。
確かに今は全部をやろうとしてたけど、

周りの状況も変わっているし、
前と同じようにはできないよな。

となったら、
また別の手段も考えてみるか!」

 

みたいなことを考え、

よりしっかりと
前に進んでいけるように
なるというわけです。

 

と、
こんな感じで
カードを使っていくと、

嫌なカードというものが
なくなって、

タロットを
私たちに良いメッセージを
くれるステキなツールとして
しっかりと使えるように
なれました。

 

おかげさまで、
今では手相と一緒に
タロットもしっかり使って
占いをしています^^

 

なので。

僕のオススメの
タロットの使い方は、

「未来を予言するもの」

としてタロットを
使うのではなく、

 

「今、
自分に必要なことは何か?」

 

ということを聞くために
タロットを使うことです。

 

そうやって使うと、
嫌なカードなんてのは
なくなりますし、

とっても心強いツールとして
タロットが活躍してくれますよ!

 

 

手相王子
加藤景太

 

 

【2018年の運勢の流れシート作成受付中!】

2018年の流れを知り、
自分の望みを叶えるために
その流れを活用していく
スペシャル鑑定です。

2018年の自分の流れを
知りたい方は、
ぜひどうぞ。

http://www.reservestock.jp/page/reserve_form_week/5344

==============

●無料手相鑑定イベントなどの

イベント情報やセミナーの先行案内を

お知らせするメルマガ登録はこちらへどうぞ

http://www.reservestock.jp/subscribe/22961

●「手相鑑定を受けてみたい!」

という方への個人鑑定はこちらへどうぞ

http://www.reservestock.jp/page/reserve_form_week/5344

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です