「思ったことがうまく伝わらない!」というあなたへ

●人に何かを伝える時の3つのポイント

 

人に何かを伝える時、

どれだけ相手に伝わるような
伝え方の工夫ができるかって
とっても大事だと思います。

 

たとえば、

人に料理の仕方を
教える時。

 

「そこで焼き具合が
いい感じになったら
塩をてきとーに
パパっと入れるといいよ!」

 

と言ったとしても、

伝えた相手が
料理になれていない人だったら、

 

「え?
焼き具合いい感じって
どういうこと??

塩てきとーって
どれだけいれたらいいの!?」

 

となって
伝わりません。

 

なので、
教える方は

 

「見てみて。
この表面が
○○って焼き具合になってきたら、
そこで塩を大さじ一杯、
全体に行き渡るように
こうやって入れるの。」

 

みたいに、
相手が理解できるような
伝え方を考えて
物事を伝えるようにした方がいい。

 

この時の
基本のポイントとしては、

 

・小学生でもわかる表現
(複雑な表現だと
こちらの意図と違う解釈を
相手がしてしまう余地が生まれる)

・具体的
(いい感じ、てきとーに、
といったような抽象的な表現では
相手の捉え方次第で解釈が変わる)

 

・肯定形
(「○○しないようにしようね。」
みたいなことを言っちゃうと、
で、具体的に何したらいいか?
ということを言っていないため、
結局何したらいいのか分からない)

 

という3つのポイントがあります。

とりあえず、
こういったポイントを
おさえておけば、

人に自分の思っていることを
伝えやすくなります^^

 

「思ったことが
うまく伝わらない!!」

 

ということで
お困りの方は、
そういったポイントを
意識されてみては
いかがでしょうか?

 

きっと
伝わりやすさが
アップするはずですよ!

 

 

手相王子
加藤景太

 

※なお、
今回のお話は
人に何かを教える時や
何かしてほしいことがある時に
とくに意識した方がいいポイントです!

そういったシーンでは
ぜひこれらのポイントを
意識してみてくださいね。

 

 

【2018年の運勢の流れシート作成受付中!】

2018年の流れを知り、
自分の望みを叶えるために
その流れを活用していく
スペシャル鑑定です。

2018年の自分の流れを
知りたい方は、
ぜひどうぞ。

http://www.reservestock.jp/page/reserve_form_week/5344

==============

●無料手相鑑定イベントなどの

イベント情報やセミナーの先行案内を

お知らせするメルマガ登録はこちらへどうぞ

http://www.reservestock.jp/subscribe/22961

●「手相鑑定を受けてみたい!」

という方への個人鑑定はこちらへどうぞ

http://www.reservestock.jp/page/reserve_form_week/5344

 

 

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です