自分の命の選択を家族に丸投げしない

●自分の命の選択を家族に丸投げしない

 

最近、
なんの偶然か
「延命措置をどうするか?」

ということに
関するお話を
ちょこちょこお聞きします。

つい今日も
終活カウンセラーとして
活動されている
櫻木よしこさん

「延命措置を希望する・しない
の意向は配偶者だけでなく
お子さんにもお伝えください。
その訳は…」

というブログを読ませていただき、

「あ、不思議と最近多いな」

と思っていました。

 

で、
こういうことって
自分がもうしゃべれない
状態になってからでは

当然だけど
家族に自分の
意向を伝えられないです。

 

そして
家族としては
自分の大切に
思っている身内が

このまま
生きていても
超痛い、
超苦しいで
凄まじく
しんどそうだけれども、

延命措置を
しないと死ぬことが
確定している。

という状況に
なった時、

 

たとえ
どんな状態でも
生きいて欲しい。

という思いや

苦し悶えながらも
無理やり生かすよりも
楽にしてあげたい

という思い、

延命措置を
やめることを選択すると
自分がその大切な人の
死を選択したことに
なってしまう。

といったような思いなど

さまざまな
苦悩が起こるような
すっごく重く、
大変な選択を
強いられることに
なってしまうでしょう。

 

やはり
そんな大事で
選択するのが
つらいようなことを
家族に丸投げするのではなく、

まだ元気なうちから

自分の命を
最後どうして欲しいか
ということを伝え、

自分の命に
自分で責任を持つことは
めっちゃ大事です。

 

ただ、
そうは言っても

家族に延命措置をする、
しないを伝えておくのって

もしかしたら
伝える側も
どうしたいかが
分かっていなかったり、

自分で自分の死を
意識するのことに
抵抗があって
伝えづらいことかも
しれません。

 

しかし、
それをするのに
かかる手間を
自分がかけないで

自分の命の選択を
家族に丸投げすると

その決断自体が
そもそもすっごい
負担になるだけでなく、

すっげーめんどくさい
ゴタゴタが家族間で起こる
原因にもなるでしょう。

 

なので、
自分の命を
最後どうしたいか?

ということは
ちゃんと自分で決めて
家族に伝えておくのが
やはりいいです。

 

 

手相王子
加藤景太

 

 

【現在募集中の講座】

・9月30日(日)スタート!
「手相が見れる人」になる!
手相王子の手相講座
ベーシック編

が始まりまーす!!

手相を見れるようになりたい人は
ぜひこの機会に
手相を学んでみてください!

https://www.reservestock.jp/events/281170

 

==============

 

●メルマガやってます

無料手相鑑定イベントなどの
イベント情報やセミナーの先行案内を
お知らせするメルマガ登録はこちらへどうぞ

http://www.reservestock.jp/subscribe/22961

●個人鑑定について

「個人鑑定を受けてみたい!」

という方への個人鑑定はこちらへどうぞ
遠方の方はスカイプでの鑑定も
受け付けております。

・個人鑑定について

 

※鑑定の受け方の詳しい流れは
こちらでもご説明しております。

・鑑定のお申し込みの流れ

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です